HOME >  コラム >  世界記憶遺産

コラム

入門・解説

世界記憶遺産

「世界記憶遺産」は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が主催する事業の一つ。危機に瀕した古文書や書物などの歴史的記録物(可動文化財)を最新のデジタル技術を駆使して保全し、研究者や一般人に広く公開することを目的とした事業である。俗に「記憶遺産」とも呼ばれる。

 

人類が長い間記憶して後世に伝える価値があるとされる記録物を、ユネスコ事務局長が任命する委員14名によって構成された「国際諮問委員会(ICA)」を通じて、1997年から2年ごとに登録事業を行っている。

 

歴史的記録物は人類の文化を受け継ぐ重要な文化遺産であるにもかかわらず、毀損されたり、永遠に消滅する危機に瀕している場合が多い。このため、ユネスコは1995年、記録物の保存と利用のためのリストを作成して効果的な保存手段を用意するために「世界の記憶(Memory of the World)」事業を開始し、記録物保護の音頭を取っている。

 

事業の主要目的は、世界的な重要性を持つ記録物の最も適切な保存手段を講じることによって重要な記録物の保存を奨励し、デジタル化を通じて全世界の多様な人々の接近を容易にし、平等な利用を奨励して全世界に広く普及することによって、世界的観点で重要な記録物を持つ全ての国家の認識を高めることである。

 

「記憶遺産」と呼ぶと、歴史的出来事自体を登録するように誤解されがちだが、歴史的出来事を検証・顕彰できる一次記録物が対象であり、ユネスコでも「ドキュメントヘリテージ」と称している。

 

審議は非公開であり、国家間で見解が異なる係争中の資料を密室審議することへの批判もあり、ユネスコの政治的利用が懸念されている。

公開日:2016年1月13日最終更新日:2016年1月13日

PAGE TOP