本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.29「歴史まちづくり」  / 18 「さいふまいり(宰府詣り)」と史跡のまち・太宰府

Vol.29

Vol.29

18

「さいふまいり(宰府詣り)」と史跡のまち・太宰府

太宰府市(福岡県)

さいふまいりで賑わう太宰府天満宮参道

太宰府市は、1350年前、九州統括と東アジア世界への玄関口として置かれた大宰府(おおみこともちのつかさ)に端を発し、その後、文道の神・菅原道真公を祀る太宰府天満宮を参る「さいふまいり」と遊山によって賑わうまちとして現在に至っています。太宰府天満宮の祭事と門前の人々の奉納行事、参詣者・来訪者への「おもてなし」が、門前町に残る歴史的建造物や、通りの風情、さらには遊山の地としての大宰府関連史跡群の姿と一体となって「さいふまいり」の歴史的風致を創り出しています。

map29_18

ホームページ:http://www.city.dazaifu.lg.jp/

PAGE TOP