本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.29「歴史まちづくり」  / 19 平家落人伝説を生んだ秘境と伝統産業で栄えた町並み

Vol.29

Vol.29

19

平家落人伝説を生んだ秘境と伝統産業で栄えた町並み

三好市(徳島県)

pic29_19_01三好市東祖谷山村落合(重要伝統的建造物群保存地区)

三好市は、四国山地に位置し、深い渓谷に囲まれた「祖谷地方」と、古い街道沿いに形成された「吉野川流域」に分かれる歴史的風致を持ちます。「祖谷地方」は、日本三大秘境の一つといわれ、国指定の重要有形民俗文化財「祖谷の蔓橋」に象徴される平家落人にまつわる伝承地等が数多く残っています。「吉野川流域」は、古来より交通の要衝として栄え、たばこ産業をはじめとするこの地方の経済・文化の中心的役割を担ってきました。金毘羅大権現を本尊とする古刹・箸蔵寺は、吉野川水運と深い関わりを持っています。

map29_19

ホームページ:http://miyoshinavi.jp/

PAGE TOP