本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.29「歴史まちづくり」  / 21 「水の都」・「神々の国の首都」松江

Vol.29

Vol.29

21

「水の都」・「神々の国の首都」松江

松江市(島根県)

pic29_21_01日本三大船神事の松江城山稲荷神社式年神幸祭「ホーランエンヤ」。船飾りや衣装、櫂(かい)の1本に至るまで伝統技術が息づく

地名の由来は、慶長16(1611)年堀尾吉晴よしはるが亀田山に城を築き、白潟しらかた末次すえつぐの二郷をあわせて松江と称したことから。江戸時代に城下町として栄えた松江は、松江城を囲む堀川、斐伊ひいかわ水系の宍道しんじ大橋川おおはしがわ中海なかうみ、そして日本海と、豊かな水辺の景観に恵まれ「水の都」とも形容されます。また、明治時代の文豪ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)は、「神々の国の首都」と表現。「ホーランエンヤ」や「どう行列」など、さまざまな神事や伝統行事が受け継がれ、人々の暮らしの中にも古くからの文化や風習が残っています。

map29_21

PAGE TOP