本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.29「歴史まちづくり」  / 25 山高く、水清くして、風光る

Vol.29

Vol.29

25

山高く、水清くして、風光る

松本市(長野県)

pic29_25_01北アルプスの山並みを背景に、松本城をはじめ歴史的資源が四季折々の美しい表情を見せている

松本市は、北アルプス連峰や美ヶ原高原などの山並みを背景に、国宝松本城を中心とする約400年前に形成された町割りや、歴史的建造物などの歴史的資源が四季折々の美しい表情を見せています。また、豊かな湧水による「水めぐる城下町」は、先人たちにより育まれ、受け継がれてきました。道祖神を始めとするさまざまな習俗、祭礼といった文化的資源を心のよりどころとして、人々の営みが継承されています。そして、これらが一体となって良好な市街地の環境が形成され、松本市固有の歴史的風致を生み出しています。

map29_25

PAGE TOP