本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.29「歴史まちづくり」  / 29 水郷大洲に息づく川文化と城下町を巡る御神(ごしん)幸(こう)行列(ぎょうれつ)

Vol.29

Vol.29

29

水郷大洲に息づく川文化と城下町を巡る御神ごしんこう行列ぎょうれつ

大洲市(愛媛県)

pic29_29_01江戸時代から続く大洲藩総鎮守八幡神社の御神幸行列。先頭をいく御長柄の列は太鼓のリズムに合わせ独特の歩調で進む

大洲市内を貫流する愛媛県最大の河川「肱川ひじかわ」は古来より洪水の多い暴れ川ですが、流域の人々は肱川と上手く共生してきました。人々の知恵と工夫や、肱川の恵みによって育まれてきた伝統的な風習や行事は、四季の風物詩となって独特の景観を生み出し、大洲ならではの川文化として息づいています。また、肱川中流域に築かれた大洲城とその周囲に形成された城下町には、かつての城下町の面影が色濃く残っており、江戸期の町割りや明治・大正期の町並みが残されています。この町並みを舞台に巡行する八幡神社の御神幸行列の光景は、城下町ならではの歴史を感じさせてくれます。

map29_29

ホームページ:http://www.city.ozu.ehime.jp/

PAGE TOP