本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.31「歴史まちづくり」  / 39 環濠内最大の夏祭り「住吉祭・神輿渡御」

Vol.31

Vol.31

39

環濠内最大の夏祭り「住吉祭・神輿渡御」

堺市 (大阪府)

pic31_39_01環濠内の町なみと神輿。

毎年8月1日に「夏越しの祓え」として行われる住吉祭・神輿渡御は、通称「おわたり」と呼ばれ、住吉大社の神輿が堺の宿院頓宮へ巡行する堺の環濠都市区域で最大の夏祭りです。堺は古くは住吉大社領で、堺のまちと住吉大社は深い関係がありました。「神輿渡御」のことは、鎌倉時代の『住吉太神宮諸神事之次第記録』や、イエズス会宣教師のルイス・フロイスも、著書『日本史』に永禄4(1561)年の祭礼行列の様子を記しており、また江戸時代に描かれた「住吉祭礼図屏風」等にも盛大な祭礼の様子が描かれています。平成28年には「大阪一」といわれる大神輿も復活するなど年々盛り上がりを見せています。

vol31_map_39

ホームページ:http://www.city.sakai.lg.jp

PAGE TOP