本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.31「歴史まちづくり」  / 44 古き良き町並みを織り成す法隆寺周辺地域

Vol.31

Vol.31

44

古き良き町並みを織り成す法隆寺周辺地域

斑鳩町(奈良県)

pic31_44_01歴史的風致の中心となる法隆寺で、昭和24年の金堂炎上をきっかけに、毎年行われている地元消防団による消防訓練。

斑鳩町は、世界文化遺産に初めて登録された法隆寺をはじめ、法起寺や法輪寺、藤ノ木古墳など豊かな歴史・文化遺産が、矢田丘陵の山並みを背景とする自然環境の中で歴史的風土を形成しています。特に、法隆寺周辺地域では、古都らしい趣のある建造物が情緒あふれる町並みを形成する中で、まちあるきを主体とした観光スタイルへと転換を図るとともに、観光拠点となる施設を誘致するため、周辺地域を特別用途地区に指定することで、古き良き景観を保持した上で、文化と観光のまちづくりをすすめています。

vol31_map_44

ホームページ:http://www.town.ikaruga.nara.jp/

PAGE TOP