本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.31「歴史まちづくり」  / 49 古都奈良の風格と魅力のある歴史的風致

Vol.31

Vol.31

49

古都奈良の風格と魅力のある歴史的風致

奈良市(奈良県)

pic31_49_01春日若宮おん祭は、春日大社境内を中心に奈良町各所を舞台に繰り広げられる。

奈良盆地東部の春日山麓の地域においては、興福寺、東大寺、春日大社等を中心とした社寺の町があります。また、都市に近い位置に残る原生的自然である春日山原始林や、町なかを歩き回る鹿などの、極めて特殊かつ貴重な自然環境を身近に感じられる空間が形成されています。その背景には、春日山は古くから信仰の対象として崇められ保護の対象とされてきたことや、自然を崇拝する思想があります。人と自然とを媒介する場として、日本の伝統的な自然観や神道思想と仏教文化とを融合させた社殿が自然の地形を巧みに利用して建てられ、自然信仰思想を反映した伝統的な祭礼や行事が執り行われてきました。

vol31_map_49

ホームページ:http://www.city.nara.lg.jp/

PAGE TOP