本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.31「歴史まちづくり」 /  せせらぎと祭りと歴史が薫る

Vol.31

Vol.31

59

せせらぎと祭りと歴史が薫る

三島市(静岡県)

源兵衛川。川の中に散策路があるので、せせらぎの音を聞きながら歩くことができる。初夏の夜はホタルが舞う。

三島市は、奈良時代に伊豆国の国府が置かれ、鎌倉時代には伊豆国一宮である三嶋大社の門前町として栄え、江戸時代になると、東海道五十三次の宿場町の一つとして賑わいを見せていました。かつて源頼朝が源氏再興を祈願した三嶋大社は、現在も多くの参詣者があります。毎年8月15・16・17日は、三嶋大社例大祭とつけ祭り「三嶋大祭り」が盛大に行われます。また、富士山の雪解け水を源とする湧水が、楽寿園をはじめ市街地各所から自噴しており、水の都として人々の暮らしに潤いを与えています。豊富な歴史的・自然的資源に恵まれた三島市に、ぜひお立ち寄りください。

PAGE TOP