2018.8.24

UPDATE

レポートを掲載しました~江戸のパワースポット巡り ①徳川将軍家ゆかりの寺社~

江戸を巨大な近世都市に発展させたのは、慶長8年(1603)に幕府を開いて以来、代々この地を治めてきた徳川家。江戸の都市計画においては、徳川家ゆかりの寺社を陰陽道(風水)にならって配置したともいわれている。

江戸東京の守り神として現在も多くの人々に親しまれるパワースポット巡りを、江戸文化に詳しい滝口正哉先生にお願いしました。

 

江戸のパワースポット巡り ①徳川将軍家ゆかりの寺社