本誌特集

HOME /  本誌特集 Vol.29「歴史まちづくり」  / 6 「本物」を求めて、犬山へ

Vol.29

Vol.29

6

「本物」を求めて、犬山へ

犬山市 (愛知県)

pic29_06_01戦国期に織田信康が築いたとされる犬山城は、木曽川に映えるその趣から、江戸時代の儒学者荻生徂徠が「白帝城」と命名

犬山は、古くから交通や物流の要所として栄えてきました。戦国時代には戦いの舞台となり、また江戸時代には、城下町として発展を遂げました。その城下町には、国宝犬山城を守るための「総構え」と呼ばれる当時の町割りがそのまま残っています。そこを舞台に繰り広げられる犬山祭では、車山と通り沿いに並ぶ町家とが一体感をなして、昼は華やかさを、夜は幻想的な雰囲気を醸し出します。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような佇まいと、華やかな町人文化に触れることができる場所です。

map29_06

ホームページ:http://www.city.inuyama.aichi.jp

PAGE TOP