発行人ご挨拶

『文化遺産の世界』WEBサイト リニューアルにあたり

『文化遺産の世界』WEBサイトは、国際文化財株式会社の管理・運営のもと、2016年1月にオープンいたしました。

過去には、冊子のみを媒体としておりましたが、サイトを公開することで、より多くの人が文化財の面白さに触れられるようになりました。公開から1年半が経ち、おかげさまで、特集やコラムの本数も増えました。その間、特集は「世界遺産の明日」、「日本遺産」、「琉球 歴史と文化」、「ユネスコ無形文化遺産『山・鉾・屋台行事』」、「歴史まちづくり―歴史まちづくりとその効果―」、コラムは50本以上を掲載してまいりました。

皆様からも大変にご好評をいただいております。今後は、サイトをさらに活用して、新しい事業を展開していく所存です。そして、文化財業界の成長と発展に尽力してまいります。今後とも『文化遺産の世界』をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2017年8月

pic_message01

代表取締役社長 サイン

スタッフ紹介

木原悠子

編集員木原悠子小さい頃の夢は考古学者でした。巡りめぐってこのような形で文化財に関わっていることが不思議です。 文化財の世界に少しでも貢献できるよう頑張ります。

宮嶋尚子

編集員宮嶋尚子文化財とのふれあいは、その土地に生きた人々のドラマに触れる最高にロマンチックな時間です。 知らないことはそれを知っていくのが面白い! 広く楽しく、各地の文化財やそれにちなんだお話しをご紹介していきます。

富樫雅彦

編集員富樫雅彦地元(新潟県)で10歳から土器拾いを始め、中学生では発掘現場に乗込み調査の手伝いを志願、 拾った石器の虜になり、抜け出せなくなりました。最近は、料理に夢中で台所を占拠することもしばしば。文化財を世の中に役立てたいと思っています。

伊藤敬太郎

調査員 (専門:瓦)伊藤敬太郎奈良県出身です。環境のせいか、幼い頃から文化財に関心がありました。 思いを馳せ、そして楽しむ~をモットーに文化財の魅力を配信していきます。専門は瓦です。 瓦のはなし①

土橋尚起

調査員 (専門:龍泉窯青磁)土橋尚起春から編集員になりました土橋尚起と申します。専門は龍泉窯青磁です。文化遺産の大切さを少しでも広められればと思っています。 これからよろしくお願いいたします。

山﨑良二

調査員 (専門:中世)山﨑良二今年のゴールデンウイークから始めました「硬化面」再現実験を継続して時折、報告したいと思っています。 専門は中世です。どうぞ宜しくお願いします。

和田浩一郎

調査員 (専門:古代エジプト文明)和田浩一郎古代エジプト文明、とくに埋葬習慣に関心を持っています。 エジプトをはじめとする、海外の文化遺産の魅力をお伝えしていきたいと思います。 古代エジプト埋葬文化の周縁① 古代エジプト埋葬文化の周縁② 古代エジプト埋葬文化の周縁③

中村祐一

調査員 (専門:土器)中村祐一鹿児島県出身。大人になって文化財に携わる仕事をしてから、子供の頃に発掘体験をしたことを思い出しました。 専門は弥生~古墳時代の土器。趣味焼酎ですが、もはやこっちが専門です。 ラオスの土器作り村調査同行記 インタビュー

吾妻俊典

調査員 (専門:土師器、須恵器)吾妻俊典仙台市生まれ。「継続は力なり」を信じ、歴史を学び半世紀が過ぎました。恩師の「40代はまだ〈ひよっこ〉、50、60 代になって、ようやく一人前」の言葉が未だに心に響いています。 本ネットでは、時空を超えた旅の醍醐味を、少しでもお伝えできればと思います。

西野順二

調査員 (専門:考古学)西野順二環太平洋文化圏に興味津々。 短い人生、アウトドアもインドアも全力で、そして文化の楽しみ方がうまく伝わればいいなと思います。

辻本彩

調査員(専門:古墳時代)辻本彩普段の生活で「仕事は?」と聞かれて「発掘調査です」と答えると、海外へ行くのですかと必ず聞かれます。 あなたの暮らしの足元にも遺跡があるのですよと言い続けております。もっともっと日本の遺跡、文化財を知ってもらえるよう、わかりやすく馴染みやすい記事を心掛けてご紹介します。趣味は国内旅行と温泉です。 大地に眠る時の記憶を のちの世に伝える インタビュー vol.1 千年続くお祭り「相模国府祭」観覧レポート

丸山悠里香

調査員(専門:瓦)丸山悠里香出身は東京都です。小さい頃から城郭などの文化財が大好きでした。まだまだ勉強中の身ですが、少しでも文化遺産の魅力を伝えられるように頑張ります。好きな時代は近世で、特に瓦に興味があります。