Vol.27

琉球 歴史と文化

「琉球」とは、1429年から1879年の450年間、現在の沖縄の地に存在した王国の名称である。そこには、小さな島国ながら強い意志と誇りを持ち続けた"ウチナーンチュ"が築いた歴史があり、伝統的な言葉、芸能、行事、食べ物や衣装といった、独自の文化が息づいていた。こういった「琉球」の歴史と文化は、過去のものではない。
現在でも沖縄各地を巡れば、遺跡に、人々の暮らしに、そこかしこで「琉球」の面影を感じとることができる。
今回の特集では、長年「琉球」について第一線で研究をされてきた識者の方々に、激動の歴史、グスク、墓、綱引き、三線といった多角的な視点からのご寄稿をいただいた。

表紙タイトル「水平線と連続する六角形」

画家:山﨑 美樹/Miki Yamasaki 1963年高知県生まれ。多摩美術大学絵画科油絵専攻卒業。TAC(Tama Artist and Citizen)ネットワーク会員。インスタレーション・サイトスペシフィックアート作家。地域社会と連携した野外空間での表現活動を展開。