Vol.32

城郭の調査と保存と活用

2016年の熊本地震以降、文化遺産としての城郭の調査と保存と活用の問題が揺れている。 文化財としての歴史的価値を誠実に保存することの意義と、安全性や恒久的に配慮した復旧や整備活動……。その狭間で、着地点を模索する議論が進められている。今回の特集では、城跡の調査・保存・活用がどうあるべきか、最前線で研究を行う有識者の意見、自治体の担当者からの実態報告を紹介する。

表紙タイトル 「ナガレ・カサナリ2」

画家:山﨑 美樹/Miki Yamasaki
1963年高知県生まれ。多摩美術大学絵画科油絵専攻卒業。TAC(Tama Artist and Citizen)ネットワーク会員。インスタレーション・サイトスペシフィックアート作家。地域社会と連携した野外空間での表現活動を展開。